忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アイツがトーキョーへ帰ってから、もうそろそろ一週間になる。
あいかわらず、アタシはここの鉄格子から空を見上げている。
アイツも、同じ空を見上げているんだろうか。

「……酒が飲みたい……」
ここに入ってからというもの、酒なんて飲めるわけがない。
だけど、アイツのことを考えると、無性に酒が飲みたくなる。
なんか、胸の辺りがムカムカくる。

アイツのことを忘れたいのか?
確かに、酒に溺れればその瞬間だけは、アイツを忘れられるかもしれない。
いや、そんな瞬間でもなお、アイツを忘れられるわけはない。

アイツはトーキョーに帰った。
アタシは、この巴里の空の下。

本当に、アイツは待っていてくれるのだろうか?
仮に、待っていなくても。
それはアイツのせいじゃないって判ってる。
信じていない訳じゃない。
でも……

……会いに行きたい。
こんなところ抜け出して会いに行きたい。

これはアタシのケジメだ。
綺麗な身体でアイツの所へ行く。
そう決めたばっかりじゃないか。

ああ、ホントにアタシはどうかしちまったよ。
……変わっちまった。

な、隊長?
人ってこんなに変われるモノだったんだな……



「ロベリア」
いきなり、鉄格子の外から声をかけられた。
見ると、エビヤンの奴が立っていた。
「何だよ? なんか用事か?」
アタシは面倒くさげに返事をした。
「いや、お前の様子を見に来たとき、丁度さっきの呟きが聞こえてな」
言うと、エビヤンは酒瓶をアタシの目の前に置いた。
「これを大神君から、トーキョーに帰ると伝えられたときに渡されてたのを忘れてたよ」
大きめのその瓶は、確かにアタシには見覚えがあった。
以前、アイツがトーキョーの上司から貰った大切な物だって言ってた、あの日本酒だった。
「それ……」
アタシの驚いた顔を見ると、エビヤンはそれをアタシに手渡した。
「『ロベリアのことだから、いつかお酒が飲みたいって言うことがあると思います。
そうしたら、これをあげてください』って、私に預けていったんだ。」

瓶にはカードが添えられていた。
アイツらしい、のびのびとした筆跡でメッセージが書かれていた。

『君が以前気に入っていたこの酒を贈ります。
飲んでもいいけど、程々にしておけよ、強い酒だから。
そして、身体を大事にしてくれ。あんまり無茶はするなよ。
俺はそれが心配だ。』

自然と笑みがこぼれてきちまう。
アイツらしい、お節介なメッセージだ。

『ずっと、君が帰ってくるのを待っているから。
俺は、君を迎えに行くから。
だから俺のことも、信じて待っていてくれ。
約束する。
俺は、ずっとロベリア・カルリーニと共にあり続けると。
今この時でさえも、
同じ空の下に存在して、お互いに想っていれば一緒に居続けられる。

親愛なるロベリアへ
愛を込めて

大神一郎』



「それは、お前への差し入れ扱いだからな。お前が持っていて構わん」
「……」
気が付いたら、アタシは酒瓶を抱きしめる形で、カードを読んでいたらしい。
エビヤンに見られていることを思い出すと、少しばかり気恥ずかしくなった。
「……ありがとよ、エビヤン……」
「なぁに、私は善良な市民の差し入れを届けただけだ。」
エビヤンはくるりと背を向けると、そのまま歩き出して行っちまった。

隊長……
離れていても、アタシ達は一緒に居続けることができるのかい?

空は、トーキョーまで続いている。
想えば、気持ちを届けてくれるのだろうか?

だったら、隊長。
アタシはずっと祈ってる。
アンタが、アタシのことをずっと心配しているように。
アタシのことをずっと考えるように。
アタシを愛し続けるように。
待ち続けるように。


こうやって、変わっていくのも悪くない。
アンタだけのアタシに変われるんなら、いいかもしれない。

 

 

貰った酒を、ほんの一口だけ、アタシは口に含んだ。
辛いような、甘いような。
巴里では味わったことのない不思議な味。
……懐かしい味がした。
PR
アタシの母親は、いつでも笑顔だった。
結構美人だったと思う。
酒場と花街で働いていた、人気のある娼婦だった。

幼いアタシは、そんなアイツが嫌いだった。

アイツはアタシに色々なことを教えた。
およそ子供が知ることも無いことを、もう、アタシは覚えきっていた。
アイツはアタシを一人の女として扱っていた。
子供としては、見ていなかった。

そんなアイツが、嫌いだった……

「ロベリア、あんたはあたしに似て美人になるよ。」
それがアイツの口癖だった。
いいながら、
自分の商売道具の紅をアタシに引いた。
優しい目をしながら、アタシの髪をなでるあいつ。
白くて大きなその手のひらが、アタシをいつだって捕らえて放さない。

わかってる。
アタシたち女が、どうすれば生きていけるかなんて。
アイツは、アイツなりにアタシのことを考えている。
アタシは、アイツに溺愛されていた。

いつでも、笑っていた。
アタシの前では。
客の前では。

バカだよな……
最後の最後まで、アイツは人前で泣かなかったんだ。

とある冬の寒い日に
アイツは、路地裏に転がってた。

なんで死んだのか、詳しいことはわからない。
ただ、貴族だか金持ちだかといざこざを起こして、殺されたらしい。
それを見てたやつらは、金で口を封じられた。

アタシは泣いた。
アタシは、アイツが嫌いなつもりだった。
でも……
アタシは、アイツが好きだったんだ。
救いようのないバカで、いつでも陽気で、苦労ばっか抱え込んでも笑ってて……
まっすぐな生き方をした、アイツが……
好きだったんだ。

お義理の言葉に形どおりの涙。
アイツのために本当に悲しむヤツはいなかった。
無関心。所詮は他人。
アイツは人気者だった。
でも、それは偽りだった。
誰一人、娼婦を人間として、見ていなかった。
汚らわしい女がやっと死んだぐらいにしか、思ってなかった。
アタシは感受性が強い子供だったんでね、アイツらの心が手にとるようにわかったよ。

そうしてアタシは一人になった。
残されたものは何も無い。
生きるためにはアイツに教わった方法しかわからない。

でも、その手段はどうしてもいやだった。
アタシは、あいつみたいになりたい反面、アイツのように無駄死にたくなかった。

『ロベリア、あたしが教えてきたことは、いずれはあんたの足しになるかもしれない。
……いや、足しにならないかもしれないね。あんたは聡い子だから。
あたしがこういう生き方をしている限り、いつ、あんたがひとりになるか解らない。
だからこれは、あんたが一人で生きていくための手段の一つとかんがえときな。
……あんたは、アタシと違う生き方ができるはずだから。
アンタには、自由な『翼』があるんだから』
死ぬほんの数週間前に、アイツがアタシにいった言葉だ。
……アタシにゃ、『翼』なんてものはない。
あるとしたら、アイツの方だろうっておもってた。
だってさ、アイツ、死んでもずっと笑ってた。
青白いドレスに包まれて、いつもアタシに引いてた紅つけて。
殺されても、なお笑っていられる。
そんなアイツこそ、翼がありそうだろ?


喧嘩に盗み、詐欺……
数えあげたらきりがねぇな。
生きるための手段を、アタシはアタシなりにあみ出したつもりだった。
あんな小さいなりでもアタシはもう、ワルだった。

ある時さ、警察に捕まったんだよ。
まだアタシはその頃はひよっこだったからね。へましちまったのさ。
身元保証人として、アタシを引き取りに来たのは、
アイツが働いてた店の主人だったよ。

……こいつが親切で助けてくれたとともうだろ?
アンタは本当にお人好しだね。
確かに、保護はされた、保証人になってな。
だけど、それはこいつの店の、働き手の女が欲しいからさ。
「あいつの娘だ。さぞかし稼いでくれるだろう」ってね。

……ハン、まだ娘ともいえない年のうちに、アタシは花街に立たされた。
そういう好みの野郎が沢山いるからね。
客には困らなかったさ……
アタシは、アイツと同じ道を望む望まずおかまいなしに進まされた。

結局、金が全てなんだよ。
生きるためには金が無くちゃ生きられない。
生きるための権利も、金で買わなきゃいけない。
……アタシにとって、金の価値なんてそんなもんだ。

でも……
金はあっても毎日毎日同じ生活。
アタシには耐えられなかった。

店の野郎には毎日乱暴されたさ。
抵抗したらすぐに拳でがつん、ってさ。
顔が無くなるぐらい殴られたことだってあるぜ。

アタシはもうぼろぼろだった。

いつだったかな。
いつものごとくやられてる最中に、なんかがプツンと切れた、アタシの中でさ。

気がついたら店は全壊、あの野郎もオダブツでな。
無意識で霊力使ってたみたいで、周りでアタシを見てた奴等はこういった。
「悪魔」とね。


ははは、笑っちまうだろ?
アタシにあんだけ乱暴した野郎のほうがよっぽど悪魔だ。

他人に依存なんてできない。
アタシの母親のように、人と交わって生きるなんてアタシは出来ない。
だから、「悪魔」と呼ばれて、嫌われるほうがいい。

だから、アタシは人を信じない。
今までも、これからだってそうだ。
利用される前に、こっちが利用してやる。
それが、アタシの生き方だ。
そういう生き方しかできない。
毎日毎日おなじような生活。
結局さ、アタシは、あのときとおんなじことをくり返してる。
もう、抗うのにもあきた。

生きるために犯してきた罪がかせになる。
心を重くする。

生きていたいのか、死にたいのか。
だんだん解らなくなってくる。
確かに、昔は生きていたいと思った。
死んだらおしまいだもんな。

でも、死んだほうがマシな毎日を、アタシは生きた。
生きてたって死んでたって、あんまし変わらない。
空白の毎日だ。
アタシには、『翼』はない。
天使には、なれないんだ……

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
月真
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

忍者ブログ/[PR]
Template by coconuts