忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1.st 私のお仕事v~Request to Meika ~

 いつも通りの時間に、私は起きた……つもりだったけど、まだ、辺りは薄暗い。私は目覚まし無しで、いつも同じ時間に起きているのに。何があったんだろう。

 ……あれ?

 私は奇妙なことに気がついた。
 「ここは、私の部屋じゃない?」
 落ち着いて周りを見回してみると、ここは南向きの大きな窓を持った、貴族も仰天の豪華な一室。
 あ、いや、私が別に貴族に偏見を持ってるわけじゃあないんだけどさあ。大店のお嬢さんなら、これくらいの部屋だろう、って感じかな。綺麗なの、とにかく。
 高い天井、大きなベッド(天井があるやつね)、細かい細工の施されたテーブルセットに、綺麗な彫り物のドレッサー。それとね、私が一番感動したのが、最初にふれた大きな窓!
 そこから見えるのは、広い庭と、高い山。
 山のせいで、どうやらいつもの日差しが入ってこないようだ。
 はあ、私の部屋とは偉い違いだ。
 私の部屋は、至って平民的でさあ……

 ……あ、
 そんな、説明してる暇はない!
 何で、こんなお姫様っぽい部屋にいるのかがそもそもの疑問点よ!感動したりする暇もナ~シ!!

 ……うーん……何でだろう?

 私がしばらく考えた後に、手を打って出した結論。

 「夢だ。」

 だって、そんなのしか考えられないんだもん。
 私、こんなゴウセイな部屋にいる理由ないし。
 うん、これが一番可能性高いよ。

 なんて、一人で納得していると、

 「夢じゃありませんよ、メイカ・エイプリルさん。」

 ドアの向こうから、涼やかな男の人の声がした。
 私の名を呼んで。

 かちゃり。
 
 ドアの開く音がして、その男の人が入ってきた。
 歳は十七、八と言ったところで、さらっさらのプラチナブロンドに石榴石の瞳。切れ長な目を縁取るまつげは長くて、美人、と言う形容詞がもっとも当てはまるだろう。
 私ぐらいの女の子だったらほとんどの子が、「きゃ~かっこい~」なーんて叫んでメロメロだと思う。
 私的には、目つきの鋭い兄ちゃんなんだけどね。

 「私はチハヤ・ゲイブル、北の黒騎士六代目です。貴方と同じ宝石を受け継いだ者です。」
 「で?その黒騎士さんが、私に何か用があってここに連れてきたとでも?」
 話が見えてこない。何で、私はこんな所にいるのかと、そんな意味でさらっと言ってみた(まあ、多少棘のある言い方だったけどさぁ)。
 チハヤ(さん↑やっぱし一応つけとかないとね)は、心外そうな顔をして一瞬とまどった。でも、それはホントに一瞬のことで、すぐに元の顔に戻ってしまったが。
 まあ、深く今のを追求したって何になるわけじゃなし。私は気づかない振りをして続けた。
 「北の黒騎士って言えば、ガネットの名門、それも王室関係の間柄って言うけど、ここって貴方の屋敷なの?」
 「そうです。」
 「貴方が六代目とすると、貴方のお父様かお母様は?」
 不躾な質問、と思うかも知れない。だけど、十七、八で家を継いでいるって事は、
 「居ません。この屋敷の住人は、使用人達と私だけです。」
 そう言うことなのだ。
 まだ幼い(私的には一人前は二十五過ぎから。それ以下はまだ子供。仕事でさんざんオジサマ達を見てるからさあ。)のに、こんな所で領主をやってる黒騎士様。私の住んでる町、東の国モブ・アーレンの商業地区、キワルでも、その話は有名だ。
 「私の所でも有名よ。黒騎士様の人形師探しは。」
 「そうですか」

 『人形師』
 からくり人形を作る職業のこと。
 この大陸、サウザント・リーブスでは、その存在は貴重とされている。特に、『東の人形師』と呼ばれる一族は。
 この一族は、人形師の中でも最高の腕を持っている、と言われてる。もちろんその通り。人に近い、言わなきゃバレない人形を作るからだ。この一族の作る人形には、魔力が宿っているらしい。お母さんから聞いた話だけど。
 私はこの人形師の孫。しかも後継者に当たる。
 おばあちゃんの長男ソナタ伯父さんは、仕事のために乗った飛行機が行方不明。発見されたときは焼け跡には翼しか残ってなくって、生死不明。アリア伯母さんは流行病でなくなった。二人とも、まだ二十代前半だったのに。末っ子のカノン母さんは人形師の証である『空の瞳』を持たなかった上、人形師よりも花屋さんになることを希望したのだ。
 だから、たった一人の孫の私が後継者なのだ。おばあちゃんの作る人形に憧れて、人形師になりたいと思っていた私にとってはすごいこと。後継者なんて光栄だ。
 今は、だんだん南の国から伝わっている工業が活発になって、人形師の仕事のほとんどが機械師によって行われてしまっているので、それが、更に人形師の縮小化となっているんだけども。
 
 そう、やっと思い出してきた。
 「私は、貴方に呼ばれてここに来たんだっけね。」
 「そうです。」
 さっきの心外そうな顔はコレだったかあ。寝ぼけてて、昨日のことが頭から出てこなかったんだ。
 「御免なさいねぇ、私、七歳の時の記憶が飛んでて、それ以来物忘れが激しくなっちゃってねえ。」
 あはははは、と笑ってごまかす私。
 疲れた顔のチハヤさん。
……………………
 ご……ごめんなさい……。


 改めて自己紹介。いきなり本題入っちゃったし。

 私の名前はメイカ。
 メイカ・エイプリルって言うの。十六歳。
 生まれは東の国モブ・アーレン首都、シータ。育ちは商業都市キワル。だから、生粋のモブ・アーレン子。
 さっきも言ったとおり、『東の人形師』六代目……見習い。十七の誕生日の時に正式に襲名するんだけど、もうほとんど一人前にこなしているつもり。後、三週間で誕生日だもんね。
 ああ、さっきの七歳の時の記憶がないってのは本当。
 普通はそれくらいの記憶はおぼろげでも覚えてるハズなんだけど、私の中には、全くないのだ。
 過去がないなんて、怖くないと言えば嘘になるけどさ。もう、気にしないことにしてる。だって、なんだかイライラするし。
 理由は、木に登ってた私が足を滑らせて転落。頭を打ってしまったせいらしい。ホントかどうかは定かじゃないけど。

 うん、こんなもんかな。
 自己紹介もここまでにして、そろそろ本文に戻ろう。

 「そ、それでぇ……ご用件は、何でしょうか……」
 沈黙を破るために喋る私だけれど、やっぱりたどたどしくなってしまう。だって……いくら私が原因とは言え、この重苦しい空気……。
 気を取り直すかのように、彼は静かにこう言った。

 「貴方の家に伝わる人形を作っていただきたいのです。」

……人形……
 文字通り、人形師の仕事は人形を作ることだ。つまり私のお仕事cってわけだ。
 人形には二つ種類があって、一つは自動人形。鉄や電脳を使って作る、いわゆる機械人形。もう一つは、からくり人形。魔力を込めて、木や石、ゴムなどから作る、至って原始的な人形。もちろん、性能差は言うまでもなく。からくり人形を作るのに一ヶ月近くはかかるけれど、自動人形ならその期間で四体は作れる。量産できるのだ。
 それでも、人形師が細々と存在しているのは、からくり人形には独特の『暖かさ』と、依頼人の希望を忠実に描き、世界でたった一体の人形という貴重さを持っているからだと思う。私も、そんな暖かさに惹かれて、お祖母ちゃんのような人形師になりたいって思ったんだけどね。
 その、『人形』を作る。

 「それで、どの人形が良いんでしょう。歌うオルゴール人形?喋る小鳥の置物?……それくらいしか覚えてないかも知れないけれど。」
 私はそっと言ってみた。
 しかし、チハヤさんはあくまでキッパリと言い放った。
 「貴方の家に伝わっている、『特別な人形』です。」

 ……………………。

 「覚えてないってば。」
 思わず真顔で言ってしまった。
 無論、彼が盛大にズッこけたのは言うまでもない。
 いや、だからさあ、今まで私が作ってたのは、前に言ったようなのだけであって、人型なんて、頼みに来る人いなかったんだもん。いや、ひとりでに動くマリオネットぐらいなら作ったけどさ、『特別な人形』なんて作れるどころか、覚えているかどうか。何分、小さい頃に口で教わったぐらいだし、全然作ったこともないし……。
 こんなので「わたしぃ、人形師なんですぅ」なぁんていったら、どつかれること請け合いだね。自分でも笑っちゃうわね!はーははははのはっはっはっ!!
…………っつーか、意味不明だね、こりゃ………………む、むなしい…………。

 「お、覚えていないって事はないでしょう。」
 必死に体勢を立て直して私を睨むチハヤさん。
 あら、こめかみに血管浮き出てるぅー。以外と短気サン♪……なーんて、遊んでる場合じゃないか、コレ。
 「だから、忘れっぽくなっちゃったって言ったぢゃない。」
 てへ♪と可愛く微笑む私。
 もちろん、そんな色気(?)が通じる相手じゃなかった。
 彼は頭を抱えつつ、すっと右手を挙げて、何かの合図をした。
 と、同時に。
 きちっとした服を着込んだ、どうやらこの家の兵士のような人たちが、どかどかとドアからやってきた。
 「回りくどいことはやめにしましょう。貴方には選択権があります。人形を作るか、それとも……」
 何かが吹っ切れたような顔。最初の微笑みとはうって変わった皮肉そうな笑み。
 「もちろん、作っていただけますね。仕事に必要な材料はこちらで全て、注文どおりに用意しますし、代金も、相場の五倍は出しましょう。……決して、悪い話ではない、と思いますが。」
 有無を言わさず、やれ、ってことだよな、これは。
 彼の後に立っている人々の手には、濡れたように輝くブレードやナイフが、また、人によっては銃を構えていたり、端っこの方になると、なんと、ミョーな呪文を唱えてるような人がいる。
 ……コレって、もしかしなくても、命の危機なんじゃないかしらん……もし断ったら……想像できないほど、恐ろしい……!
 「そうですね、人形のこと、思い出せなかったんですよね。でしたら、ここにいる魔導師に、色々やってもらう、と言うこともできますが……やってみましょうか?」
 紅い瞳が冷たく輝く。
 その涼しげな声が冷たく響く。
 こ、怖いです……マジで……

 ここまでされて、断れるほど、私は強くはない。
 つまり、引きつった顔で、私はこう答えるしかなかったのだ。
 「無理にでも思い出します!します!やりますぅ!!是が非にも、やらせてくださいませ……!」
  

PR

Coment

Coment Form

 Name  
 Title  
 Mailadress  
 URL  
 Font Color   Normal   White
 Comment  
 Password     Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
月真
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

忍者ブログ/[PR]
Template by coconuts