忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2.nd 囚われの姫君?~She is arrested by Northmaster ~

………なんだってこんな事になったんだろう………
 私は家から持ってきた服を、例によって豪華なクローゼットに詰め込みながら思った。
 そう、私が起きた部屋で、これから数週間、過ごすのだ。さっきと変わったところと言えば、鍵がかかったこと。しかも外鍵。
 はあ、なんでなんだろ。
 またもや同じ考えが浮かんでくる。
 何で、『特別な人形』が欲しいんだろう。
 ……うーん、なんでなんだろう……。
 ……ま、私のような、ゲセンの人形師にゃわからん事なんだろうなぁ。(ちょっと皮肉。)
 と、思ったその時。
 
 コンコン

 ドアがノックされて、私の返事も待たずに、かちゃっと開いた。……私の返事も待たずに、だ。

 「よう。今日から、お前の世話係になった、テティウス・ファグナーだ。これからしばらくよろしくな。」

 亜麻色の長い髪を三つ編みにした青年が、ずかずか入ってくる。瞳は澄んだ琥珀色で、チハヤ(さんなんて付けない!)とは違った感じの美形。その、宝石のような瞳は、私の方を見つめていた。……いや、正確には、私の手の中の物を。

 「……そんなにペタンコなのに、よくそんなモンを付けてられるなー。ずり落ちちまうんじゃねーの?」
 心底、疑問そうに言う。
 そう、私が今持っている物は、荷物から出して、クローゼットの引き出しに入れようとしてた、下着だったのだ。

 ……………………。

げしっ! バタン!!

 私は、彼の腹めがけておもいっきり蹴りを入れると、勢いよくドアを閉めた。

 よいこのみんなー、女の子の部屋にはいるときは必ずノックしてから、返事を聞いて入ろーねー!

 ……しくしくしくしく……。ちょっと好みーって思った途端に、人が気にしてることを……。
 確かに、人より小さい……いや、ほとんどペタンコの胸ではあるけれど、思春期の女の子には言ってはいけない言葉だ。……従って、ドアの向こうから、苦しそーにせき込んでるのが聞こえるけど、私は悪くない。うん。こんな事言ったあいつが悪いのだ。

 ばたんっ!

 また、凄い音を立ててドアを開けるテティウス。
 ……キレたか?

 「いきなり何すんだ、この暴力女!」
 自分のことを棚に上げて抗議なんて、いい度胸だ。
 「そっちが悪いんでしょ、人の気にしてることを!」
 更に言い返す。こいつ。
 「ホントのことを言ってやっただけじゃねーか。」
 「そんなとこ見なくたって良いじゃない。デリカシーって物がないの?」
 「何だと、この爆発頭!!」
そう言ってこいつは私の髪を引っ張った。
 「い、一度ならず二度までも人の気にしてることを……!!このどスケベ男<三つ編みなんかしちゃって、馬鹿じゃないの?」
私は仕返しにその三つ編みを力一杯引っ張る。
 「ま、魔導師の髪を侮辱したな、だからお前はバカメイなんだよ!!」
 二人して、お互いをにらみ合う。
 私たちって、相性最悪じゃない。こんな奴とずっと一緒なの?サイテー!

 ……あれ、何かこんな事、前にもやった覚えが……
 
 私の頭の中に、何か引っかかることがあった。

 「今、あんた、私のこと、『バカメイ』って言わなかった?」
 まだ、こいつに対してムカムカするけど、ふっとわいた、その疑問に、私は堪えられなかった。
 「あ……」
 彼は、私の髪を手放して、思いだしたように言った。
 「そうだったな。お前には十年前の記憶がないんだっけ。……本当に忘れちまったのか?全部。」
 私が静かに頷くと、一瞬、寂しそうな顔をした。すぐに、あのふてぶてしい顔つきに戻ってしまったけど。
 確か、チハヤも、あのとき同じ様な顔をした。
 もしかしたら、この人達は、私の無くなった過去を知っているのかもしれない。
 私が、そのことを聞こうとすると、少し笑って、忘れてくれ、と言った。

 そうして、彼が外に出ていって、一人、部屋の中に取り残された私は、新たに増えた疑問に、頭を痛めた。

 ……なぜ、なぜなんだろう……


 それから、テティウスは、明日になるまで、ここに来ることはなかった。


 「と、言うことで、今日から人形作りに入ってもらう。」
 どう言うことなのか全く解らないけれど、彼は次の日に来たかと思ったら、いきなり元気よくそう言って、私に紙を手渡した。その紙には、何か書かれている。
 『これからの日課表
1朝食
2仕事
3昼食
4仕事
5夕食
 以上。』
 …………………。
 「しつもーん。」
 「何だ?」
 さながらノリは先生と生徒。
 「この食事って、どんなのですかぁ?」
 「チハヤ様と一緒にフルコースだ。喜べ。」
 「……チハヤと食べるのぉ?」
 思わず嫌な顔をしてしまう。
 だって、あの、ブツクサ文句言う人と、毎日三回、きっかり会わなきゃいけないんだよぉ!きっと、やれ、テーブルマナーがどうかとか、服装がどうだとか、言うに違いないんだよぉ!
 「私、堪えられる自信、ありません。」
 はっきりとそう言うと、
 「じゃあ、これから毎日、サンドイッチとコーヒーで過ごすか?」
 テティが軽ーく返してくる。
 ……いや、個人的には紅茶の方が……って、そうじゃない。そんな食生活で一ヶ月弱生き抜けるわけ、無いじゃない!健全な少年だぞ、私は。
 無言で、凄い勢いで首を振ると、ほら見たことかって顔で、テティウスは笑った。
 「フルコースの食事なんて、お前は滅多に食えないだろうから、満喫してこい。」
 うぐぅ、ホントのことだから何も言えない。
 「ほかに、何かあるか?」
 何か、まだモヤモヤした気分の抜けないまま、スケジュール表を眺める私。
 …………あれ?
 「あの」
 「何だ」
 …………コレって、もしかしたら……
 「……食事以外は仕事って事?」
 私のまさか、の問いに、彼はあっさりと頷く。
 「…………うそ…………。」
 「うそ言ってどうするんだよ。」
 いやだぁ、こんな締め切り前の小説家じゃあるまいし、部屋に籠もりっきりで仕事なんてぇ!
 「外に出られる回数増やせない?テティウスさん<」
 「お前さあ、立場わかって言ってるのか?いちおうお前は捕まって、脅されて、ここに居るんだろ?」
 全く持ってその通りだけど……こいつ、ここまで言っていいのか?自分とこの事なのに。
 「でも、ずっとこんな所で考え込んだって、思い出せないモンは思い出せないもん。それだったら、外に出て気分転換した方が、能率も上がるし思い出しやすいと思うなあ。」
 私もコレばっかりは譲れない。一応、脅されたと言っても、私に依頼したんだもん。こちらの要求は呑んで欲しい。
 「でもなあ……。」
 大きなため息をついている彼に、私の『出せ出せコール』が容赦なく襲いかかる。
 ここまで粘る理由としては、……最初に見たあの広い庭を歩きたいのと、もう一つは、逃げ出しやすくするため。
 もし、本当に思い出せなかったら、逃げ出すつもりなのだ。だって、……まだ死にたくないし。

 ついに諦めたのか、テティウスは肩を落として解った、と言った。
 「でも、チハヤ様から許可が下りなければだめだからな。」
 うう……、コイツってば、思ったよりイイ奴かも。
 「ありがと、テティウスさん。これからは親愛の気持ちを込めて『テティ』って呼んであげるわ!」
 私は手を前に組んで、上目遣いで、ウルウルした目でそう言った。
 「……似合わねえ。」
 あ、鼻で笑った。やっぱしヤな奴だ。
 「まあ、その呼び方の方が、お前らしいけどな。」
 「え?」
 まただ、きっと、過去のことを言ってる。
 「……そりゃ、私らしいとは、思うけどね……。」
 きっと、つっこんでも答えてくれないだろうとふんで、わざと嫌みに言ってみる。
 「……記憶、戻るといいな。」
 突然、彼はそう言った。
 「どうしたの、いきなり?」
 私は心配になってきた。コイツが、ガラにもなく黄昏ている。
 「いや、なんでもない。」
 昨日とはうって変わって悲しそうな、笑み。
 ……テティ、何が言いたいの……?

 

 最初はヤな感じだったけれど、一週間もすれば、慣れてきてしまった。
 別に、チハヤもキレなければいたって紳士的だし、使用人の人たちは、私に対して嫌な顔をせずに、かえって楽しそうに世話を焼いてくれる。テティウスなんかは、合わないところもあるけど、なんだか、私とタイプが似ていて、話してると面白い。
 ……それに、人形のことと、私の記憶のこともあるし……
 探るだけ、探ったっていいのかもしれない。なんだか面白そうじゃない。

 そんなこんなで十二回目の朝がきた。

 私は、ベッドから起きると、大きな窓を開けて深呼吸をする。
 「ああ、いい天気。」
 部屋にくみ置かれた水差しから洗面器へ、勢いよく水を注ぎ、顔を洗う。
 水は適度に冷たくて、私のまだ寝ぼけている目を覚まさせる。
 私は、柔らかなタオルで顔を拭うと、寝間着を脱いで普段着に着替える。
 髪を梳かして、トレードマークのヘアバンドを付けたとき、私はふっと思い、ちょっと気まずくなった。
 「……なんか、ここの生活に馴染んでる……」

 あーあ、馴染むくらいここにいたって、何にも成果が上がっちゃいないんだもの。肝心の人形は五割方出来てるけど、私の過去の方はまだわかんないし、こんな中途半端なままじゃ逃げるに逃げらんないし。
 私は、散歩の間中、ずぅっとそのことを考えていた。
 「どうした、メイカ?」
 テティが、私の顔をのぞき込む。散歩の時間に、難しい顔をして考えてるから、心配に思ったのだろう。
 「ん?……何でもない。」
 春の朝日の下、柔らかい日差しが暖かい。
 自然と、幸せな気分になってくるから、不思議だ。
 「なあ、メイカ?」
 ベンチに座りながら、テティが言う。
 「お前さ、本当に、あの頃の記憶がないのか?」
 「うん、……なぜかね。」
 私は、そう、答えるしかなかった。
 さやさやと、風に揺れる木々の声がする。
 静かな時間が流れる。
 「お前、チハヤ様と、俺と、あのときに会ってるんだ。」
 テティは静かに言う。いつもの雰囲気とは違う、優しい雰囲気。……なぜか、懐かしい。
 「お前は、俺と……」
 言いかけたその時、
 「テティ、そろそろ時間だ。」
 チハヤが、私たちを呼びに来た。
 不思議な時間は、ここで終わった。
 テティは、何を言いかけたんだろう?そして、もしかしてチハヤは、その言葉を聞かせないために遮った?

 朝食中。
 私、静かに食べてるけど、なんだかかヤな感じ。
 いいところで切られたっつうか。
 せっかく、もう少しで私の過去の手ががりが解るとこだったのに。
 いつになったら、私の疑問は無くなるんだろう。
 ああ、中途半端にテティが言ったから、続きが気になる!今日は、あの後の食事から、ずっとそう思ってイライラしてしまった。
 人形の腕を削ってなめらかにしながら、私は考える、
あの言葉の続きを。
 『お前は、俺と……』
 何をしたんだろう。
 会った、ってぇのは言ってたから、
 木登り?
 追いかけっこ?
 縄跳び?
 釣り?
 カーチェイス?……そんなワケないって……
 いや、それだけじゃない。
 何で、チハヤは私たちの過去を隠したがるんだろう。おかしい。
 ぜったいに何かあるよ、アケチくん。

「だあああっ、気になって集中できねぇ!仕事になんねーよこれー!」

 思わず知らずに叫んでしまう私。
 あら、お下品な言葉遣い。

 こんこん。

 その叫びを合図にしたかのように、ドアが叩かれる。
 テティでは、ない。
 あいつはどんなに注意しても、叩いてすぐに部屋に入ってくる。
 「……どうぞ。」
 私は返事した。
 すると、静かにドアが開き、綺麗な女の子が入ってきた。
 
 「貴方?最近チハヤ様が連れてきた女というのは。」
 闇夜色の髪をはためかせ、ライラックのような綺麗な紫の瞳をこちらに向け、弦楽器の調べのように澄んだ声で、放った第一声。と、言うと、聞こえは良いけど。……なんか、初対面なのに、とっても棘があるわよね、その一言。
 「『女』じゃなくて、『人形師』として、ここに呼ばれたのよ。誤解の無いように言っとくけどさぁ」
 私はそう、受け流す。
 その女の子の視線の怖いこと怖いこと。
 ……信用しないって目だよな、コレ。
 「貴方、一体何者なのですか?」
 な、何者扱いかい……。
 まあ、別にいいんだけどさ。
 「……人に名前を聞くときは、自分から名乗れって、よく言うじゃない?」
 雰囲気的に、私と女の子の間に青白い火花がバチバチっと飛び散る感じが……いや、アクマで雰囲気。実際には飛んでないわよ。当たり前の事ながら。
 「……私はフィリーナ・クレーヌ・ディッセンバー・ガネット。この、北の国ガネットの第四王女です。……チハヤ様の許嫁でもありますけど。」
 ミョーに偉そうにそう答える女の子。
 お姫様って事、自慢してるのかな?
 「フィリーナ。じゃあフィラちゃんだね。」
 怯まずに私は、我ながらこの上はないってほどの笑みを浮かべる。
 「……勝手に略さないでくださる?」
 速攻突っぱねる彼女。
 あやや……チハヤと同じパターンだ。どうも、私はガネットの貴族の気に障るらしい。うむ。
 「さあ、私は名乗ったのですから、貴方も名乗りなさい。」
 イライラしつつも、彼女は片手をあげて、言う。
 そうね。さあ、気を取り直して。
 私も最小限の礼儀は守らないと。
 「私はメイカ・エイプリル。東の国モブ・アーレンの人形師よ。」
 言って、私は片手をさしのべる。ついでに、
 「よろしく、フィラちゃん。」
 敬愛の念を込めて呼びかける。
 「……先刻言ったの、聞きました?……」
 あ、フィラちゃんってば、怖ーい。
 でも……
 「じゃあ、お姫様☆」
 「ふざけないでください!」
 微笑みながら言う私に、フィリーナ姫はついに怒った。その顔は、まるで桜の花びらで染めたよう。
 あー……かわいい。
 久しぶりに同じくらいの歳の子にあったから、ついつい遊んじゃった。さっきまでの悩みも、消し飛ぶぐらい。
 要するに、この子はあれだろ、私にヤキモチ焼いてんでしょ。
 こんな可愛い子、ほったらかすなんて、チハヤも罪作りな人よね。仮にも自分とこのお姫様なんだし。

 「ごめんごめん、あんまり可愛いもんで遊んじゃったあ。」
 さすがに私のマイペースさに疲れたのか、彼女は大きなため息をつく。
 「こんな人がライバルになるなんて、私って不幸なのかしら。」
 「ねえ、本当に誤解の無いように言って置くけど、私は人形を作りに……」
 頑張ってごまかそうとする私。
 「本当に?」
 唇を尖らしたまま、上目遣いでこっちを見るフィラ。
 やーん、かわいー。
 「ほんとよ、ほんと。」
 「それなら良いんですけど……。」
 口ではそう言っていても、やっぱり信用しきれないのか、彼女はまだ硬い表情をしている。
 ともあれ、なんだか年の近い女の子が居るなんて心強いし、仲良くなれるといいなあ。
 「あ、そうだ。私の作ってる人形、見てかない?」
 私は、制作状況50%のあの人形を、この子に見せようと思った。
 まだ、中身のからくりしか作ってないんだけど、外見のこととか、客観的意見をもらいたいしね。
 「『人形』ですか?チハヤ様の頼まれた?」
 「そう。まだ、名前も何も決めてないんだけどね。」
 「チハヤ様の欲しい人形……興味、ありますね……」
何気なく頷く彼女。
 おし、今だな。
 「すぐそこにあるから、ちょっと来てくれる?」
 私は、半ば強制的に彼女の腕を引っ張る。
 右手には、さっきまでヤスリをかけていた『腕』を抱えて。
 彼女は不承不承ついてくる。

 窓際にある、作業場のドアを開けると、そこには、まだ組み立てられていない、『人形』がある。

 「これが、あの、人形になるのですか?」
 あ、そうか。この子は王女様だから、完成品を見たこと、あるんだな。
 私は頷く。
 「まだ、スェーダの樹液でコーティングしてない上に、顔も決めてないから変な感じでしょ?」
 『腕』を関節に取り付けながら、私は彼女の反応を見る。
 案の定、初めてみる物に、興味を持ったらしい。
 「『スェーダの樹液』って、何ですか?」
 そらきた。
 「人形作りに、書かせない材料よ。」
 私は説明する。

 「スェーダって言うマツに似た木から取れる樹液は、別名『即席コハク』って言うの。乾燥した物がコハクに似てるところからそう言われてるんだ。」
 興味深そうに、聞いてくれるフィラ。
 更に、私は続ける。
 「だけど、コハクほど堅くなくて……そうね、ゴムくらいの弾力があるわ。色も染めやすいし、何より薄くのばすと人の体組織と同じ様な感触が出せるから、人形作りには欠かせない材料なの。」
 「へえ、そうなのですか。」
 ご静聴、有り難う御座いました、と私が言うと、彼女は笑ってくれた。
 よし、掴みはオッケー。
仲良くなれそうだし、この子のお陰でさっきのイライラも取れたしぃ……。

 「あのさ、お願いしていいかな?」
 今、私、良いこと思いついた。
 「なんですか?」
 「あのさ……」
 小首を傾げる彼女に、私は勢いよく手を叩き合わせて頼んだ。
 「この人形の外見、決めてくんないかなぁ……」
 
 

PR

Coment

Coment Form

 Name  
 Title  
 Mailadress  
 URL  
 Font Color   Normal   White
 Comment  
 Password     Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
月真
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

忍者ブログ/[PR]
Template by coconuts